気づけば増えているものは、化粧品や本。断捨離の第一歩は気づくこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

断捨離が停滞し、意識して物を捨てなくなると、徐々に増えてくるのが物です。

気づけば本棚に本が綺麗に収まらなくなったり、机の上に文房具が溢れたり、部屋の床に棚ではない物をおくようになったり、洋服ダンスの上に洋服をおくようになったりしてしまうのです。

物が増えること自体に苦痛を感じていた、私のミニマリスト第一次ブームから今では多少熱は冷めているのものの、いまだに部屋に物が増えていくると少しイライラしてしまいます。

自分で「最近少しイライラしてきているな」と気づくのです。今までは部屋に入れば、すっきりしてリラックスできていたものが、部屋に入ると「なんだか疲れた・・・」とどっと疲れが襲ってくるようになるのです。

まず第一に、部屋を見渡した時に「すっきりしていない」感にモヤっとします。

部屋のところどころにある「物」がすごく目につくのです。収納されていなかったり、棚から溢れ出ていたり、床に散乱している物がある場合は特に気になります。

私は断捨離のおかげか、あまり物欲がないのですが、それでも生活の中で少しずつ物が増えていきます。

断捨離やミニマリストが大好きな私が増やしてしまうもの

どうしても人間には趣味があるもので、増えやすいものは人によって違うかなと思います。

食べることが好きな人は、ついつい冷蔵庫いっぱいの野菜やお肉を買ってしまったり、洋服が好きな人は10着で回そうと決めていても、気づけば15着になっていたり、それぞれ好きなものが違うのですから、増えていくものは違って当然かなと思います。

では私自身が何を増やしてしまうかというと、1番は仕事道具です。

この仕事道具というのはくせ者でして、仕事のためにはある程度買う必要があるものであり、同時に「仕事の円滑に、かつ売り上げやパフォーマンスを上げるためには、買ったほうがいいだろう」という言い訳がつきやすいのです。

「不用品」というよりも「自分への投資」という言い訳がつきやすく、ついついたくさん買ってしまいます。

これは普通の断捨離とは違う視点で、ものを少し減らそうかなと考えています。

例えば、私がよく仕事で使うラベルシール、12面と18面と24面と大きさの種類も豊富ですが、普通紙のものから光沢紙のものなど紙質も複数持っています。これは「なくても大丈夫」なものを決めて少し種類を減らそうと思っています。

種類を絞ったほうが整理もしやすく、また大量購入したほうがコストが安上がりということもあります。

そしてボールペン。0.8mmや0.5mmなどを場合によって使い分けていたり、ラインマーカーを「Aの仕事用はピンク、Bの仕事用はイエロー」など、おしゃれやわかりやすさを意識して使い分けているとあっという間に増えていくんですね。

仕事の断捨離については長くなりそうなので、ここら辺でやめにして、別の時にまとめて記事にしようと思います。

話が少し脱線してしまいましたが・・・

プライベートで私がついつい買ってしまう物で1番多いのが、「本」と「スキンケア用品」です。

本は、漫画から小説、ビジネス書、自己啓発書、旅行本などジャンルを問わず読むことが大好きなのです。

普段テレビも見ないですし、ラジオも読まないです。そして本は好きですが雑誌は読まないです。

時間があるときは「ゆっくり本を読む」ことが最高の時間だなと感じますし、どこかへ出かけるときは必ず文庫サイズの本を持ち、電車の中で読んでいます。

本はAmazonなどのネットで最近はやりの本や、知り合いに勧められた本、検索していて気になった本を読むのも好きですが、古本屋さんや図書館に行って棚を端からじっくり見て回り気になる本を買って読むのも好きです

本は趣味であり、自分の知識への投資だとも思っているので、躊躇なく様々な本を買って読みます。

そして気づけば本棚から本が溢れ出ているという状態になるのです。

上の写真が私の部屋の本棚からはみ出した本の数々です。

私の本棚は本の厚さにもよるのですが、だいたい30〜40冊くらいの本が入ります。そこに収まりきらないと本の前に平積みしてしまうという、美しくないことをよくしてしまいます。

こうなる前に定期的に本を断捨離してブックオフなり古本屋に持って行き売るか、人にあげるか、もしくは処分するかをします。

私の場合の本棚もそうですが、収納スペースは2〜3割はスカスカで空いているという状態が理想です。そうすると、物が急に増えても乱雑にならないからです。

写真を見るたびに・・・本当に上の本棚ではリラックスできないなと感じます。

早めに30冊程度に絞る予定です。

 

そして、次に私が増やしてしまいやすいのが、スキンケア用品や化粧品なのです。

以前試したケシミンクリーム。壇蜜さんのお勧めということで買ってみましたが、私には効果が感じらず・・・。母が使うというので、あげました。

自分に合う化粧品探しというのは旅のようなもので、いろいろなものを試してみる過程もまた楽しいみたいなところがあるのです。

だから実験はやめられないのです。

こちらは私の定番のハッカ油です。今年の夏もとてもお世話になりました。

お風呂のお湯に入れると気持ちもすっきり、体もひんやりで最高でした!!毎年お世話になりたい定番商品ですね。

そんなこんなで、石鹸やエッセンシャルオイルや美容液を自分で買ってしまうということもあるのですが、実はスキンケア用品や化粧品は人からもらうことも多いです。

ハンドクリームやマスカラ、グロスを海外へ旅行したお土産でもらったりすること多くないですか?

海外旅行は免税ショップがあるので、普段よりもお安く化粧品が買えるとあって、ついつい買ってしまう方も多いと思います。

しかしもらったハンドクリーム、マスカラ、グロスってそんなに一気に消費できるものでもないですよね。私は普段が薄化粧なので、なおさらです。

大変ありがたいし、嬉しい化粧品ですが、もらった時に「自分で使い切れないな」と思った場合には、開封する前に家族や友達にあげるようにしています。

誰かに大事に使われた方が、物も喜ぶと思うからです。もちろんいただいた方への感謝の気持ちは忘れずに!

自分のものを増やす癖・特徴を把握しておく

実は私、自分がどんなものが増えやすいのかという特徴を、以前よりもつかめるようになってきました。

自分の特徴をつかめるようになると、すごく断捨離が楽です。

自分の物が増えやすいポイントは

①自分の趣味や興味があるジャンルのもの

②もらう頻度が高いもの

③浪費だとは思えないもの

この3つかなと思います。

私の場合は①がスキンケア用品で②が洋服(妹からよくもらいます)、③が仕事関連の物や本になるのです。

この特徴をつかむだけで、断捨離が上手になる気がします。この3つのジャンルを重点的に定期的に断捨離を行えば、部屋が綺麗になりやすいからです。

一番良いのは、ものの場所を決めること。それぞれの場所を決めて、そこに入らない物は処分すること。そして収納はできれば7〜8割に抑えることを意識するともっと部屋が綺麗になります。

ただまずは、自分の物を増やしやすい特徴を知るだけでも十分な成果だと思っています。

「気づく」ことがすべての始まりですし、「気づいた」時点で問題の8割は解決しているという話を聞いたことがあります。

私もその通りかなと思います。

まずは自分が物を増やしやすい特徴を知って、「気づけたから、ほとんど解決したな」と思えたら、片付けに少し時間がかかっても気持ちが楽ですよね。

気楽に断捨離を続けて、綺麗で素敵な部屋にしたいと思っています。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA