リンゴ酢で腸内洗浄 3日間トライアルの感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大好きなリンゴ酢と大好きな腸内洗浄を組み合わせて3日間トライアルを実施しました。

最近、ニキビが酷いということは以前の記事にも書きました。ケシミンクリームを塗るとかなり早期に治るのですが、次から次へとニキビが出てくるのです。

それもニキビが出る場所が口の周りなのです。すでに結構にきび跡が残ってしまっているので、ケシミンクリームだけじゃ追いつかないなと感じました。

たっぷり保湿してケシミンを塗ってみたらニキビの治りが早い

やはりどんなにニキビを早く治せても、そもそもニキビができないお肌作りをしないと意味ないですよね。根本から治癒することが課題です。

口周りのニキビというと、消化器に問題がありそうですよね。最近胃が弱ってきたのか、体質が変わったのか、辛いものが食べられなくなってきたのと関係あるのかな?などと悩んだりもしていました。

それと同時にこの2週間くらいは、常にお腹が張っているようにも感じていました。特に便秘というわけでもないのです。

おそらく原因はストレスとか、色々と思い当たるものはあるのですが、やはり腸内環境が悪くなっているんだろうなと感じていたのです。

そこでスッキリすると知り合いからオススメされた、リンゴ酢を使った腸内洗浄を1週間試してみることに決めました。

やはり、どんなものを食べたとしても、どんなクリームを塗ったとしても、ニキビを治し肌を綺麗にするには圧倒的に腸内洗浄が効果があるからです。

しかし実際に始めたところ3日で十分と感じたので、3日間の腸内洗浄トライアルの結果を報告します。

リンゴ酢ってどのくらい入れるの?トライアルした方法

腸が結構敏感だということは、自宅で腸内洗浄をされたことがある方はわかると思います。

温度が一番敏感さを理解しやすいのですが、体温より少しでも熱いとお尻が火傷するように感じます。逆に冷たすぎるとホールド中にお腹がゴロゴロと鳴り出します。腸はとても繊細です。

腸は敏感なので、リンゴ酢なんて酸性のものを入れても大丈夫かな?濃さはどのくらいにしたら良いのだろう?と真剣に考えてしまいました。

今までコーヒーや塩水、ハーブティーなどは入れてきたものの、酸性のものは入れたことがないからです。

一応、口から入れて良いものはお尻からも入れて大丈夫という考え方を基本にしているのですが、さすがに朝飲むリンゴ酢の水割りと同じ濃さにするような勇気はありません。

とはいえやってみないことには何とも言えないなということで、少量ずつ始めてみることにしました。

リンゴ酢による腸内洗浄1日目

1日目はかなりドキドキしてスタートしました。

1日目のリンゴ酢での腸内洗浄液の作り方は、リンゴ酢15ml(大さじ1)をぬるま湯で割り、約1.2Lの液体を作りました。

リンゴ酢の酸性が強すぎて腸内がただれたらどうしようという若干の不安もありながら、実際に注入してみた感想は、

あ!腸にいつもと違うもの(刺激)が入っているってわかる。(感じる)

これは本能的に少し恐怖を感じるかもしれない。入れちゃいけないものな気がする。。。

と感じていました。

コーヒー液を注入した時と比べると明らかなに腸が驚いているような感覚を感じたからです。

その後はあまりホールドできずに2分も経たずに出して終了しました。

全てが終わった後、30分くらいすると胃のムカつきを感じました。これは腸内洗浄が理由だったのかはわかりませんでした。

リンゴ酢による腸内洗浄2日目

2日目も安全策として、1日目と同じ分量でリンゴ酢15mlを入れて腸内洗浄をしました。

2日目は1日目と違い、それほど体に違和感を覚えませんでした。

昨日同じことをしたので、体が慣れてびっくりしなかったのかもしれないです。

ホールド時間もいつも通りで問題なく終了しました。

2日目が終わった時に思ったのは、「もう少しリンゴ酢の量が増やせるな」でした。

そして、「これからどこまで増やせるかな?」という実験心が湧いていたのです。

リンゴ酢による腸内洗浄3日目

3日目は2日目が問題なく終えられたことを受けて、リンゴ酢の量を増やしてトライしてみようと思いました。

3日目はリンゴ酢30ml(大さじ2)をぬるま湯で割り1.2Lの液体を準備しました。濃さは1日目、2日目の2倍です。

入れた瞬間の感想は、「あ・・・昨日よりも刺激が強い」と体で敏感に感じました。

ホールド自体は特に問題なく、最後に出して終わります。敏感に感じたのは、入れている瞬間だけで、ホールド中はそれほど違和感がありませんでした。

全てを出し、終わった瞬間は「意外と30mlでもイケるね」だったのですが、終了して30分後くらいに強烈な胃のムカつきに襲われました。

胃から酸性のものがせり上がってくるような、胃のムカつきと気持ち悪さです。

そこでなぜか納得してしまいました。

1日目の胃のムカつきもリンゴ酢の影響だったのだ、と。そしてこれほど強い胃のムカつきを感じるのであれば、リンゴ酢での腸内洗浄を毎日続けるのは体に良くないなと思ったのです。

胃のムカつき自体は5分もしないうちに解消されました。

リンゴ酢での腸内洗浄の感想

リンゴ酢での腸内洗浄の感想として私が感じたことをまとめてみます。

・お湯1.2Lに対して、リンゴ酢は15ml(大さじ1)程度で十分

・やるとスッキリするけれども、連続で毎日するのはお勧めしない

・リンゴ酢入りの液体を腸内に入れると「いつもと違うものが入った」という違和感はあるものの、腸や肛門付近が痛いなどということはないし、ホールド中の違和感もほとんどない

・個人的には実施後30分ほどで胃のムカつきを感じた

ということです。

リンゴ酢での腸内洗浄はたまにスッキリしたい時にする程度にとどめておいたほうがいいと感じました。毎日するものではないですね、と私の体が言っています。

ただ、リンゴ酢の効果なのか純粋に腸内洗浄の効果なのかはわかりませんが、たった3日連続で腸内洗浄をしただけでも、ニキビは圧倒的に減りましたし、それ以上に頬に赤みが差してきて(血行が良くなった?)、なぜか頬の潤いが増しました。

お肌が吸い付くようにしっとりとしてきたのです。

やはり腸内洗浄は圧倒的に美肌、特にニキビに効果があると感じました。

ここで一気にニキビを治してしまいたいので、リンゴ酢での腸内洗浄は3日でやめますが、4日目以降は通常のコーヒーでの腸内洗浄を続けていきたいと思います。

最近週に1回か2週に1回程度しか腸内洗浄ができていなかったので、反省しました。

腸内環境はきちんと整えておいたほうがいいですね。

特にストレスがかかっていたり、体調が悪い時は便秘になったりして宿便が溜まりやすいです。

そういう時期こそ体調を整えるために、集中的に腸内洗浄をしたほうがいいのかもしれないと感じました。

リンゴ酢での腸内洗浄を試されたい方は自己責任でお願いします。

私が使っている腸内洗浄器具はこちらです(公式サイト)→腸内洗浄(浣腸)器具スリムエネマ販売サイトはこちら


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA