ヘナ染め2回目 髪の毛がヘナ臭いので紅茶で消臭してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前回のヘナ染めから1ヶ月ほど経ち、最近生え際の白髪が目立ってきたので、2回目のヘナ染めをしました。

前回染めたヘナですが、ヘナ特有の畳のような臭いが全く取れませんでした。2−3日で臭いが取れると聞いていたのに、全くです。

もちろん徐々にヘナの臭いは減ってはきますが、3週間経っても髪の毛を濡らすとヘナ特有の臭いがしました。

この臭いってどうにかならないでしょうか?

私がヘナの畳のような臭いが気にならないのですが、周りの人は臭くないのかなと心配になるからです。

ということで、今回のヘナ染めは、ヘナ特有の匂いに効果があると言われている紅茶を煮出したもので、ヘナを解いて染めてみました。その感想を紹介したいと思います。

1回目のヘナ染めの体験談はこちらをご覧ください。

白髪が増えてきたのでヘナ染めをしたら、髪の毛が真っ赤になりました

ヘナは2回目からよく染まる

前回ヘナを塗って6時間くらい放置したせいか、染めた直後は真っ赤な髪の毛になりました。

数日後に知り合いに会った時に、「ヘナですよね!真っ赤です!」と言われたくらいです。

ヘナで髪の毛が真っ赤になるのって有名な現象なのですね。

とはいえ、徐々に髪の毛の赤みはひいてきました。

どうやらヘナは1回目に染めた時は色が落ちやすいと言われているみたいですね。

そんな時に美容師さんとお話しする機会があったのですが、「ヘナは6時間放置しても意味ないよ。1時間くらいでいいから2回染めないと入らないよ」と言われました。

美容師さんの間でもヘナは2回染めないといけないというのは常識だったようなのです。

そこで今回のヘナ染めは用法を守って2時間程度の放置にとどめることに決めました。

6時間放置しても意味ないのであればしょうがないですよね。やっぱり頭にペーストがついていると重いですし、仕事しづらいんですよね。ヘナが他の場所につかないかヒヤヒヤしますしね。

そして前回は家に1つだけポロリとヘナの塊を落としてしまっていたようで、家族に「何!?この塊は!?まさか・・・う〇〇?」と思われたようです。固まると茶色く見えるのはわかりますが、家のフローリングにう〇〇を落とす大人なんているわけないですよね。聞いた時に大爆笑しちゃいました。

生え際の白髪が目立つから、髪の毛結べなくなってきました

私は仕事中や作業をする時に髪の毛をまとめるのが好きなのですが、髪の毛をまとめると毛の生え際が見えることがあって、白髪が目立ちやすいなと感じるようになりました。

髪の毛は普通におろしている方が、髪の毛が段々になるので生え際数cmの白髪が目立ちにくいですね。もちろん頭頂部に白髪があれば別ですが、髪の毛に混ざりこんでいる白髪は髪の毛をおろす方がカバーしやすいと気づきました。

自由に髪型を決められないのは、結構ストレスですね。

ヘナを染めよう、染めようと思いながらあっという間に1週間経っていました。

それにしても、徐々に白髪が目立つようになってきたと感じる今日この頃。

健康には結構気を使っているのですが、これが加齢なのでしょうか?

白髪がなくなると評判のにんにくジュースを毎日飲まないとダメですかね?にんにくジュースは一緒に住んでいる家族からクレームが来るので、実行に移すか検討中です。やっぱり女性だと臭いには敏感になりますよね。

2回目のヘナ染め 紅茶で消臭 体験談

2回目のヘナ染めは昨日の夜(21時頃)に行いました。

ヘナを紅茶で溶いて、熱々を髪の毛の中に刷り込みます。

今回使ったヘナは前回と同様のナイアード お徳用 ヘナ100%です。

1回目はペーストを髪の毛に満遍なく塗ることがうまくできなかったのですが、2回目ともなれば、前回よりはだいぶ上手にできます。

髪の毛をブロックで分けながら、うまく根元まで染まるようにペーストを塗り、最後は全体に行き渡るように丹念にもみこみました。

熱湯を使って紅茶を作っていたので、今回もペーストは熱々です。火傷しないように注意が必要ですね。

ペーストを塗りこんだ後は、ヘアゴムを使って頭頂部で髪の毛をひとまとめにお団子にし、100均で買ったシャワーキャップをかぶります。その上からビニールのゴミ袋で覆いました。

ビニールのゴミ袋がかなり便利です。大きさと適度な硬さ(厚さ)が良いです。顔だけ出るようにビニールで覆った後、残りを顎の下で結んでみたので、すごく変な見た目だったと思います。

ヘナを染める時間は2時間くらいを予定していたので、24時前にはシャワーを浴びようと思ったのですが、眠くて仮眠を取ってしまいました。

ヘナが床については困るので、フローリングの上に厚い新聞紙を引いて枕代わりにし、その上に頭を乗せて寝ましたよ。ビニールで髪の毛を覆っていたので、大丈夫だろうと寝てみたのですが、なんだか浮浪者みたいですよね。

以前、フローリングの平床で寝ていた経験もありますし、私はどこでも寝られるタイプだったので、熟睡してしまいました。はっと目を覚ましたら午前3時でした。

さすがに前髪あたりについているヘナがカピカピになっていましたよ。慌てて起き上がり、シャワーで洗い流しました。

ヘナが結構乾いてしまっていたので、洗い流すのが大変でした。お湯で溶きながら洗い流す感じですね。

2回目のヘナ染めも綺麗な赤い色に染まりました。

そして気になる臭いですが、紅茶効果で臭いが気にならなくなると聞いていたのですが、あまり変わらないような気がします。言われてみれば・・・少し臭いが少ないかな?くらいです。紅茶には感動するほどの消臭効果はないようです。それとも紅茶がリプトンだったから良くなかったのでしょうか?

そして1回目はすごく手間がかかって、「こんなに手間がかかるのであれば、美容師さんにやってもらった方が楽だな」と感じていた、自宅でのヘナ染めですが、2回目になると1回目の手間の半分くらいしか手間に感じません。

これから慣れていけば、顔のパックと同じ感覚で気軽にできるようになる気がします。

やはりどんなことも1回目は手間がかかりますが、2回目、3回目と慣れていくと全く手間に思わなくなりますね。

自宅でのヘナ染めはいつでも(今回のように夜中でも)できるのが良いところだと、しみじみと感じました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA