湘南美容外科でVIO脱毛 痛みがあるのは圧倒的にV

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今年は VIO脱毛をしよう!と決めていたのですが、「どこの病院にしようかな〜」と悩んでいました。

結局いろいろ考えたのですが

①医療脱毛

②ローン払いが前提のところは嫌(一括払いの料金が書いていない病院にはしない)

③予約が取りやすく、強引なセールスをされない

④できれば家から近い

⑤VIOも照射範囲がきちんとV全体になっている

という条件で探しました。

トイトイトイクリニックが一押しだったのですが、やはり家から近い方がいいなという④の理由で湘南美容外科クリニックに決めてしまいました。

トイトイトイクリニックがオススメの理由はこちらの記事に書いています。

都内最安値! 医療脱毛トイトイトイクリニックの体験談

やっぱりどこでも施術できるって大事

湘南美容外科クリニックに決めたのは、医療脱毛の病院の中でも

・値段が安い

・一括払いの価格表がホームページに載っている

・予約は普通に取れる(脇の脱毛に行っているので、予約が取れることは知っています)

・どの店舗で施術を受けてもいいスタイルなので、引っ越しても大丈夫

・ハイジーナ(パイパン)に対応している

ということでした。

値段は、トイトイトイクリニックが5回で55,000円、湘南美容外科クリニックは6回60,750円なので、湘南美容外科クリニックは普通に安いです。

1回の照射が10,000円程度です。

一括の価格表を事前にHPで見ることができるので、安心して契約ができますし、他の部位と一緒に契約したい時も料金を計算しやすいですよね。

私の場合は現金一括払いをするので、事前に金額がわかる方がATMでお金を下ろしやすいというのもあります。

すでに脇の脱毛で湘南美容外科クリニックに通っているのですが、予約は取れますよ。普通に取れます。ただ私の場合はいつも計画的に予約をしているので、直前に予約が取れるかはわからないです。

そしてやはり湘南美容外科クリニックの良いところとして、どの店舗で施術を受けてもいいことだと思います。これって引っ越しの時とかに便利なんですよね。脱毛って完了するまでに年単位で時間がかかります。VIO脱毛の場合も6回すれば1年くらいかかります。その間に仕事で引っ越さない保証がゼロではないので、働いている人にとってはチェーン展開している脱毛クリニックはありがたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてハイジーナに対応していることも大事です。

VIO脱毛はクリニックによって料金が違うわけですが、施術内容も違うことがよくあります。

あ!このクリニック安いな!と思ってよく見てみたら、VIOのVは両脇の部分だけでハイジーナには対応していませんと書いてあるクリニックもあります。

ハイジーナにするつもりは今の所ないのですが、Vを脱毛するときは最初はV全体の毛量を減らす人が多いです。だからハイジーナ対応していないと、V全体の毛量を減らすことができないんですよね。これって残念すぎます。Vの両脇だけなくなっても・・・逆に中心部の毛量が目立つんじゃないのかな・・・なんて思ったりします。なんだか中途半端ですよね。

湘南美容外科でVIO脱毛をしてきました

まぁいろいろと理由をつけたのですが、一番の理由はやっぱり通いやすさでした。

よく行く駅から一番近かった。これだけの理由です。

そこで湘南美容外科クリニックでVIO脱毛6回コースの契約を済ませてきましたよ。

実は予約は1ヶ月ほど待ちました。今の時期、脱毛は人気みたいですね。土日に予約を取りたい方は早めがオススメです。平日でも大丈夫な方は1ヶ月も待たないと思います。

左側の領収証がVIO脱毛6回の領収証で、右側が毛剃りの領収証です。

湘南美容外科クリニックでは、VとI、そしてOをクリニックで剃ってもらう時にそれぞれ500円ずつお金がかかります。

もちろん事前に自分で剃っていくわけですが、後ろの方とかよく見えないじゃないですか。脱毛前の除毛は電気シェーバーで剃ることを推奨されるのですが、カミソリで剃らないとうまく剃れないんですよね。(短い毛が残る)だからカミソリで剃るのですが、これが怖いんです!傷つけたらどうしようと思ってしまいます。

だから最終的にはクリニックでしてもらう方が安全ですよね。私もマナーとして自分で剃っていきましたが、「剃れていないところは剃ってください」と言い、剃ってもらいました。

看護師さんの毛剃りはすごく上手ですよ。びっくりしました。カミソリで剃ってくれるのですが、優しい、ソフト、丁寧です。

10年くらい前にエステで事前の毛剃り(脇の脱毛)をされた時は、バリカンのような電動シェーバーで剃られて、血が滲みましたからね。懐かしい思い出ですが。

毛剃りと機械をあてる脱毛を合わせて45分くらいで終わりました。

1回目の時は脱毛前に先生にVの部分を施術して大丈夫か見られるのですが、これが「先生とはいえデリケートゾーンを見られるのは恥ずかしい!!」と思っていたのですが、実際には先生はVの横の部分をちらっと2秒くらい見たらいなくなってしまいました。

恥ずかしさを感じる暇もない!という感じでした。多分、赤みがないかとかだけチェックしているんでしょうね。触られもしなかったし、あの緊張はなんだったんだ!と気が抜けたくらいです。

痛いのはVですよ。しかも下の方は激痛です。

 

 

 

 

 

 

 

 

VIO脱毛は事前に「痛いよ」と聞いていたので、痛みに弱い私は結構びくびくしながら施術を開始したのです。

まずはVの外側から看護師さんが丁寧に機械をあててくれます。

機械の名前は知らないのですが、冷気があたる機械で、冷たさと痛みが同時にくるんです。おそらく冷たさで痛みをごまかしてくれているのかなと思いました。

Vの外側も本当にVラインの外の部分まで丁寧にあててくれるんですね。外って要は腰(お尻)の方までってことです。「そこは生えていませんよ」と言いたくなるほど外側まできちんと機械をあててもらいました。

Vの外側などは特に痛みも感じないのですが、Vの下に行けば行くほど痛かったです。

特に一番下の部分は激痛ですよ。ちょっと涙が出そうになるレベルです。体が力んだのもVの下3列くらいです。

看護師さんも慣れているのか、「ここからは少し痛いと思いますので、ゆっくりあてていきますね」と優しく言ってくださいました。女神!

でも、痛い!痛い!痛い!です。ゆっくりでも痛いものは痛いのです。

トイトイトイクリニックの先生に痛みを軽減する方法として、他に意識を集中するといい言われたことがあったので、手を横に伸ばしてにぎにぎ握りながら、手の拳に意識を集中してやり過ごしました。これは確かに効きますね。機械をあてている脱毛部位に意識を集中すると痛みが増すので、他に意識をそらすのがオススメです。頭の中で鼻歌を歌うのも良いです。

Vが終わるとIの施術が始まるのですが、Iは全くと言うと言い過ぎかもしれませんが、痛くなかったです。脇よりも痛くなかったです。

その後のOはうつ伏せで施術をするのですが、こちらはIよりも痛くなかったです。

正直、IやOは痛いと聞いていたので拍子抜けです。どのくらい痛くなかったかというと、施術中に鼻歌うたえる程度には痛くなかったです。

最後は冷やして薬を塗ってもらっておしまいです。

VIO脱毛は後5回あるのですが、Vの下の部分の攻略だけが課題ですね。

ただ、VIO脱毛は最初の1回目が一番痛いと言われているらしいので、これから徐々に痛みが減るかと思うと頑張ろうという気になれます。

痛いの痛いの飛んでいけ〜!

優しい上に可愛かった女神の看護師さん、ありがとうございました!

湘南美容外科クリニック

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA