ミニマリストの女性は恋人ができると、服が少ないと不安になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ミニマリストを目指し、服の断捨離を進めています。

過去には下着のパンツを3枚まで減らして、あまりの少なさで買い足したこともありました。

いつも同じ服ばかり着ているからなのか、妹に「その服可愛いね」と褒めたところ「この洋服あげようか?」と返されたこともあります。

かなり洋服の枚数は減ったと思いますが、ミニマリストで洋服を減らし、さらに私服を制服化した時につまづくポイントの1つが恋人と会う時なのです。

恋人がミニマリストでないと、デートのたびに同じ服なのは不安になる

自分もミニマリストで、恋人になった相手もミニマリストであれば、全く気にならない問題ですが、恋人がオシャレさんだった場合、正直「困ったな」と思います。

そしてデートの度に同じ服を着ている自分を見て、どう思われているのかな、とちょっと不安にもなります。

多少ローテーションしたり、組み合わせを変えたりしているものの、元々の洋服の数が少ないので3回以上デートすれば絶対に服はかぶります。

コートやバッグはいつも同じということも多々あります。

洋服やバッグ、靴の数が少ないので定期的にメンテナンス(靴を磨いたり)をして、清潔感は保てるようにはしてますが、「この子は毎回同じ洋服を着ているよ」とあきれられないか心配になりますよね。

特にデートし始めだったり、付き合い始めであれば尚更です。関係が深くなれば「ミニマリストを目指しているから」の一言で済ませることもできますが。

そのくらいでフラれるようであればそこまでの仲だったと割り切ればいいのかもしれないですけどね。

でも片思いの場合だってあるじゃないですか。やっぱり洋服ごときと言っては失礼ですが、洋服のことで「この子はイマイチだな」と思われたくない気持ちはあります。

オシャレな恋人ができたら、精神衛生上、洋服を多少買い足してもいい

オシャレな恋人が出来てしまい、ビクビクしたり自分に自信をなくしてしまうくらいであれば、ミニマリストであっても精神衛生上、多少洋服を買い足すことをお勧めします。

ミニマリストを始めると「ミニマリスト」「洋服が少ない事」にこだわりすぎてしまいがちですが、辛いのにミニマリストを続ける事ほどバカらしい事はないからです。

ミニマリストとは、本来自分が快適に生活をするために必要最低限の物で生活する人たちのことです。快適でない時点で、ミニマリストであったとしても、その洋服の量は適切な数ではないということになります。

または、恋人に洋服を買ってもらって、毎回身につけていくというのも良い方法だと思います。

男性は自分が買ったものを女性が毎回気に入って身につけてくれるとうれしいものらしいです。

「〇〇さんに頂いたから、毎回デートではこの服を着たい」といえば、毎回同じ服でも納得してくれそうですよね。恋人に頂いた服をデートの時の制服にする女性ってどうでしょうか?可愛くはないかもしれませんね。

ただ、私のように洋服のセンスがない女性は、オシャレな男性に洋服を選んでもらえば、可愛くなれて一石二鳥です。

それでも振られたら諦めよう

それでも振られてしまったら、諦める以外にありません。

ミニマリスト的な考え方の人が、相手に少し合わせようと洋服を買い足したところで、振られてしまったのだとすれば、洋服以外に問題があったのだと思います。

異性や恋人に対する執着心を手放すと、次はさらに良い縁に恵まれる

と以前、何かの本で読んだことがあります。

恋人は片思いの相手の幸せを願うと、それが自分にも返ってくるらしいのです。

かなり打算的だなとは思いますが、自分にも幸せが返ってくると思えば実践してみたくなりませんか?

この人とは縁がなかったんだ、次のもっと良い縁へのステップだと自分を納得させるようにしています。あくまで私の場合ということで、紹介しました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA