カイロプラティックを初体験 勘違いでポカンとされた話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カイロプラティックなるものに初めて行ってきました。

ちょうど妹に会う用事があり、用事が終わった後でお茶をしていたところ、「お姉ちゃん一緒に行かない?近所にあるんだけど」と言われたことがきっかけです。

実はカイロプラティックは名前は聞いたことがあるものの、何をどうするものなのかは全く知りませんでした。

しかも妹に誘われた時は、「近くにマッサージ屋さんがある」ということで行くことに決めたのです。

カイロプラティックで問診票に記入

妹とともにマッサージ屋さんに着くと、初めてということで問診票の記入を求められました。

問診票には今痛みがある部位、施術して欲しい部位などを答える欄があります。

痛みがある部位には最近たまに肩こりを感じるので「肩」と書きました。

そして施術して欲しい部位には「首、肩、背中、骨盤」に丸をつけました。

この時点では、カイロプラティックのことは「整体のことなのかな?」と思っていたのです。

私は今まで整体は行ったことがないですが、なんとなく自分の体が歪んでいるだろうなという自覚があります。

慢性的な痛みを感じる部位はないのですが、

・生理痛がひどい

・左右の筋肉のつき方が違うと感じる

・日常生活で脚を組んだりすることも多い

・メガネをかけると斜めになるので顔がゆがんでいると思う

という自覚があるからです。

問診票を記載した後はお店の方のカウンセリングがあるということだったので、素直にお店の人に今感じていることを伝えようと思っていました。

顔は施術できません・・・

問診票を書き終わると、名前が呼ばれ奥の施術室へと案内されました。

案内されたのはエステのような、医療脱毛の時のような、平たいベッドが置いてある部屋でした。

「ここで脚や首をボキッとするのがカイロプラティックなのかな?」と思いながらも、案内された席へと座ります。

座ったところでお店の方からいろいろと質問を受けました。

お店のお姉さん:気になっているところは肩こりですか?

私:はいそうです。

お店のお姉さん:それ以外にも施術して欲しい場所はありますか?

私:そうですね。肩こりがあるので、首と肩と背中です。そして生理痛がひどいので骨盤もゆがんでいると思います。

お店のお姉さん:そうですか。デスクワークが多いですか?

私:普段はそうですね・・・。どちらかと言えば。

お店のお姉さん:他に気になる場所はありますか?

私:顔が左右非対称というか、ゆがんでいると思うのですが。

お店のお姉さん:・・・すみません。顔が施術できないのですよ。

私:あ!そうなのですね!すみません。

私は少し恥ずかしく感じました。カイロプラティックのことを何もわかっていなかったからです。

 

カウンセリングを受けた後、お姉さんに別の場所に案内されます。そこには、まさに体の部位ごとにクッションがつけられたカイロプラティック用のベッドが置いてあったのです。

お店のお姉さん:カイロプラティックはこの台で施術します。

私はカイロプラティック用のベッドを見て、「確かにこの台で顔を施術することはできないな」「さっきからすごい音が聞こえてきていたのは、この台が理由だったんだ」と感じていました。

カウンセリング中もどこからともなく、バタン、バコンという大音量が常に聞こえていたからです。

カイロプラティックとは何なのか?

カイロプラティックについて調べてみると、このように載っています。

カイロプラティックとは1895年にアメリカのダニエル・デビッド・パーマーによって創始された手技療法。名前の由来は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する造語。WHOでは補完代替医療として位置づけている

Wikipediaより引用)

決してカイロプラティック用の台を使ってバコン、バタンとすることがカイロプラティックではないようです。

今回私が施術を受けたのは、カイロプラティック用の台を使ったものでした。

その手順は以下の通りです。

1、台の上にうつ伏せになり、全身の筋肉をマッサージされる

2、骨盤がゆがんでいる箇所に対して、該当する部位のクッションを台で押し上げて施術し、骨盤を正しい位置へ整える

3、最後に仰向けになり首や頭のマッサージをされる

という手順でした。

翌日から数日で好転反応と言われる痛みが出る方もいるそうです。私は自己申告の通り、リンパが詰まっていたので、そこを重点的にもみほぐしていただきました。

また骨盤も左が下がっていて、右の肩が上がっているということだったので、そこを矯正してもらいました。

リンパのつまりは鎖骨については自覚していたのですが、脇の内側、腋窩を押されたところすごく痛かったです。

施術してくれるお姉さんの話をよく聞いたところ、

・猫背や肩こりを治したいのであれば、肩甲骨を普段から回してストレッチをすると良い

・リンパマッサージは痛気持ちいいくらいでちょうどよく、強く圧迫しないことが大事

・芸能人やモデルさんは普段から姿勢が良いように、座っている時も立っている時も姿勢をよく保つことが一番歪まないし凝らないのでオススメ

ということでした。

確かに座っている時も立っている時も姿勢を良く保つのは意識しないと難しいと感じます。普段から筋肉や関節を使い、柔軟にしておくことが大事なのだと感じました。

肩甲骨も自分で肩を回してストレッチをしたところ、ゴキュゴキュという怪しい音がしていたので、これからお風呂上りに毎日回そうと思いました。

顔のマッサージ方法についても聞いてきたので、これから実践して顔のたるみを解消したいと思います。本当にやることがいっぱいですが、習慣化できたらいいなと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA