健康になるために呼吸を見直してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生きていくために絶対に欠かせないのが呼吸です。

自然界にある4つの要素を紹介しましたが、今回は風について紹介します。

https://naturamor.net/2016/09/post-1961/

生きていく上でも健康でも美容でも、お水は大事ですし、太陽の光も大事です。大地のエネルギーである食物も大事です。

そして呼吸もとても大事な要素なのです。

酸素カプセルで老化する

酸素カプセルが一時期日本でも流行りました。高濃度の酸素を体内に取り入れることによって、一時的にハイになることができるからです。

気分が爽快になりやる気が出てくると話題になり、有名人の中には自宅に設置する人まで現れました。

酸素を体内に大量に取り入れることは、体内を急激に酸化させることになります。酸化=老化なので、急激に老化していると言い換えることもできます。

酸素カプセルは一時的には気分の高揚をもたらしますが、長期的な美容と健康のためには使用しないことをお勧めします。

体内に取り入れる空気を綺麗にする

健康のためには呼吸で体内に取り入れる空気は綺麗なものが望ましいです。

健康のために簡単にできる、空気を綺麗にする方法を紹介します。

①ネティポットで鼻を綺麗にする

呼吸は鼻から入り、肺に入り、そしてまた口や鼻から外に出て行きます。

鼻は空気が入ってくる入り口なので、綺麗な空気を体内に摂り入れたければ、鼻を綺麗にしておくことがお勧めです。

鼻を綺麗にするにはネティポットがお勧めです。朝一番に鼻を綺麗にすることで1日綺麗な空気を取り入れることができます。

ネティポットは道具と塩があれば簡単にできます。道具も鼻にお湯を入れるだけのものなので、決して高いものではありません。

健康への効果を考えれば、ぜひ使うことをおすすめします。私もネティポットは大好きな道具の1つです。

②部屋の空気を綺麗にする

部屋に充満している空気を綺麗にすることもお勧めです。

ある研究では、都心部の部屋の中の空気は外の空気よりも汚いという結果が出たそうです。

部屋の中は一見綺麗な空気という気がしてしまいますが、家具が取り込んだ埃が充満していたり、空気が籠っていたりなど、決して綺麗とは言い難いのです。

目に見えないからこそ、空気の綺麗さはわかりにくいです。

おすすめなのは窓を開けて外の空気と入れ替える方法です。

空気清浄機を使うという方法もありますが、空気清浄機から出る空気には、植物などから出る自然エネルギーが入っていません。

外の太陽の光を浴びた空気を部屋の中に取り入れることをおすすめします。

それ以外にも部屋の中に植物を置くこともお勧めです。

空気の浄化効果の高いおすすめ植物はX-Powerで紹介されています。

→健康・美容法で今一番効果が高いと感じるのがここ

呼吸は大事だけれども意識しすぎてはいけない

呼吸は生きていく上で欠かせないものです。

深く吸って深く吐いて。ゆっくり吸ってゆっくり吐く。

健康法では呼吸の仕方を1番目に教えることも多いです。

例えばヨガでも呼吸はとても大事だと教わります。

生きていくための根本のところに気づくと、呼吸を必要以上に意識してしまいがちです。

しかし息を吸って吐くということは人間が本来は無意識に行っていることです。

ずっと呼吸を意識しすぎてしまうのも、ストレスになります。

呼吸を意識しすぎることもまた害になるのです。

1日10回だけ、数分だけでも意識してゆっくり呼吸することから生活に取り入れていきたいです。

→健康へのトータルアプローチ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA