科学的に見て最も良いと言われている長寿健康法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

科学的に見て、現時点で最も良いと言われている長寿健康法を知りました。

間違って認識していると短命になるかも!?と言われてビクビクしています。

注意が必要ですね。

動画にもしていますので、まずは動画をご覧ください。

Youtubeで見る

食事は大事 不食も過食も健康の大敵!!

7495f9d447e29c1a19e3cb4e77a1f143_s

最近日本では断食や食事制限ブームです。私も定期的にデトックスや断食をして、食事制限を行います。

食事制限はすぐに体の調子が良くなります。体が軽くて快感を感じるんですね。

健康に興味があって実践している人であれば一度は必ず通ると言われているのが、不食健康法です。

不食健康法とはその名の通り「食事を取らない健康法」なのです。青汁だけで生活をしている、プラナだけで生活をしているなどがそうです。断食に興味がない人から見たら、大丈夫ですか?と言われかねない食事量の少なさ。宗教的と言って変な目で見る人すらいますね。

私個人としては一時的に食事を制限したり、定期的に食事制限する期間を設けて、体の健康を保つという程度であれば、断食や不食は良いことだと思っています。

しかし、ずっと食べないのはやはり健康にとっては良くないと思うのです。

長期間にわたって不食や極度の少食を続けている人を見ると「本人は元気です!」と言っていても、周りから見ると不健康に見える人が多いです。「顔色悪いけど大丈夫かな・・・」「なんだか生気を感じないけれども・・・」という人もいます。

https://naturamor.net/2016/09/21/post-1961/

以前ブログに書いた「体に欠かせない4つの要素の話」に関連させると、食事は大地のエネルギーを得る行為になります。

火、水、大地、風、この4つのエネルギーは適切に摂取する必要があり、4つのバランスが大事です。どれかが多すぎたり少なすぎたりすると体に影響が出ます。

むくむのが嫌だと言って、水を一切飲まなければ、体は干からびて死んでしまうわけです。何事もバランスなのですが、健康法にはまったり美容法にはまってしまうと、ついつい忘れがちになることも良くあります。

食べた物は体の中に入っているわけではない

129173

お医者さんに聞くと誰でも同じことを言うと思うのですが、胃や腸などの消化器の中は、体にとっては外側です。体の中に空洞(道)があるようなものなのです。

私たち人間の体は、食べ物をその道の中を通している間に、体の中に栄養素を摂り入れていきます。つまりどんなに良いものを食べたとしても、うまく体の中に取り入れられなければ、残念ながら栄養が十分な状態にはならないのです。

体に栄養素をうまく入れていくためには、微生物の存在が大事です。

私たちの便のほとんどは微生物の死骸と言われていますが、便がきちんと出ていない人は、体内の微生物が少ないため、きちんと栄養素を吸収できていない可能性があります。

毎日の便を観察することは、自分の体をチェックすることにもつながります。栄養価が高いものをたくさん食べたから大丈夫、とは思わずにきちんと便をチェックする習慣を持つことをお勧めします。

吸収と排出、両方意識するということですね。

長寿になれる健康法

26b3e65d5f89cd0fbe57af2dbe34ad66_s

現在世界で認識されている、科学的に最も効果が高いと言われている健康法があります。

それは、「カロリーは低く、栄養価が高い食事をとること」です。

カロリーと栄養価が同じものだと考えている方がいますが、この2つは全く違うものです。

つまり私たちは、カロリーは低いけれども栄養価が高いものを毎日食べることで健康で長生きできるのです。

では栄養価が高いというのはどのような食べ物なのかというと、それはその食べ物に生命エネルギーが入っているかどうかです。

何日も前に買ったしおれた野菜よりは、収穫してすぐの野菜の方が望ましいです。

加工品のお肉よりは、食べる直前にさばいた動物のお肉の方が望ましいです。

できればいつ作ったのかわからない、常温で置いておいても腐らないような食事は取らないことが望ましいです。

そして最近は作り置きのおかずなども流行っていますが、栄養価の視点から見た場合には、作り置きのおかずは栄養価が低いということになります。

体をつくり替える方法

4728ab3241e3d9698e219247c66a44aa_s

最後に最強に健康な体につくり替える方法を学んだので紹介します。

①デトックスから少食(不食)への期間を1〜2年設ける

これは徐々にカロリーを減らしていきます。毎月100Kcalずつ減らしていくというレベルが望ましいそうです。

急激にカロリーを減らすと私たち人間の体は反発しようとします。リバウンドは体の反発です。そうならないためにも少しずつ数年かけて減らしていきます。

そして最終的にはベジタリアン、ローフード、ジュースオンリーレベルまで減らしていきます。この期間は体のクレンジング期間です。

②クオリティーの高い食べ物を徐々に取り入れる

①が終了した後、今度は徐々に栄養価が高い食べ物を少しずつ摂取していきます。これも食事を減らした時と同様に徐々に増やしていくのです。

①のクレンジング期間に体から不要な毒素が抜けているので、そこに高品質な栄養を補給してあげることで体は効率よく栄養をとることができるのです。

もちろん肉類も食べて大丈夫です。質の良いものを選んで食べましょう。

6425a3c246e2cce50b3a62e2a4fa0420_s

実際にこの健康法を試した人は、栄養価が高い食品を摂取した時の体の反応が全然違うと言っています。

時間をかけて体をつくり替えることで、体が反発することなく理想の体を作り上げることができるそうです。

もっと詳しい方法を知りたい方、そして栄養価が高い食品4分類の考え方が知りたい方は、X-Power28話を聞いてみてください。

→X-Powerを試してみる

X-Powerは今まで私が知った健康法の中ではダントツで結果が出る健康法です。しっかり健康法を実践したい人にも、ゆるく健康になりたい人にもどちらでも自分のペースで実践可能なのも嬉しいです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA