断捨離で一度捨てたけどもう一度買ったもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

断捨離をして物を捨て、部屋の物を減らしているのですが、一度捨てて結局買い戻したものもあります。

断捨離、家の片付けが趣味になってから3年くらい経っています。

その中であまり多くはないですが、捨てて失敗したな、と感じたものがない訳ではないのです。

今日は一度捨てたけどもう一度買ったものを紹介します。

分度器 変えがきかない文房具

一つ目は意外にも文房具です。分度器。懐かしいですよね、学生時代を思い出します。

分度器は普段使わないので一度捨てたのですが、仕事でたま〜に使うんです。

分度器が手元になくて困っていた時に何か代わりになるものがないかと頭をひねって考えてみたのですが、思い浮かびませんでした。結局もう一度買ったのです。

代替品がないような文房具はたまにしか使わなくても持っていた方がいいです。もちろん家に一つあれば十分だと思います。

実は最近、もう一度コンパスを買おうかなと思っています。円を描くならやはりコンパスがないと不便なんです。

燃えないゴミ用ゴミ箱(自分の部屋用)

020105

燃えないゴミ用のゴミ箱も捨てて失敗したものです。買い足したわけではなく家にあったいらないケースを代用して部屋に復活させたのですが、これもあったほうがいいです。

もちろん家の台所に燃えないゴミ用の大きなゴミ箱はあります。燃えないゴミは週に1度しか出すことができないので、キチンとしたサイズのゴミ箱が必要です。

それとは別に、自分の部屋に置く燃えないゴミ用のゴミ箱もあったほうがいいです。

燃えないゴミは出ないようで出るんですよね。ボールペンを使い切って捨てたり、使えなくなった小道具を捨てたり。よく出るゴミは文房具です。駄目になったファイルとかもそうです。

毎日絶対に燃えないゴミが出るわけではないので、燃えるゴミのゴミ箱はそのままにして、燃えないゴミ用のゴミ箱を撤去したのですが、やっぱり不便でした。

燃えるゴミ用のゴミ箱と燃えないゴミ用のゴミ箱、両方部屋にあったほうがいいです。特に私のように家で仕事をする人の場合は尚更だと思います。

下着のパンツ(ショーツ)

下着の特にパンツ(ショーツ)は一時期5枚まで減らしましたが、増やしました。(生理用のものは除いた枚数です)

冬は5枚でも良いと思うのですが、夏は5枚では足りないです。少し外で作業をしたり運動をしたりするとすぐに下着も洋服も汗でびしょびしょになります。

特に最近は縄跳びを始めたので尚更下着がすぐに汗まみれになります。

毎日何度か下着を変えることもあるので、夏場は5枚では足りませんでした。

特に台風が来てなかなか洗濯物が干せない時期などは、毎日家の中でパンツを探している状態です。

早く天気が回復しないかな〜。そして早く乾かないかな〜なんて思いながら、家の中をウロウロしていました。

毎日こんなにパンツを探していたら、かなり時間の無駄だなと感じて買い足しました。

季節によって必要な下着の枚数は変わります。減らしすぎも良くないですね。

掃除用コロコロローラー

img_1591

掃除用のコロコロローラーも最近もう一度買いました。

私が使っているマットが安物なせいか髪の毛がよく絡まります。マットに絡まった髪の毛は掃除機でも箒でもなかなか取れないのです。

さすがに1本1本手で取り続けるのは非効率!と思い、コロコロローラーを買いました。

やっぱりこれは便利です。バッチリ髪の毛が取れますね。久しぶりに使ったら性能の素晴らしさにお気に入りグッズにランクインしそうです。

抜け毛が多い方や絨毯で生活している方には必須アイテムかなと思います。

マットを敷かないで床で寝る方には不要ですね。私も時々床で寝ているのですが、その話はまた別の機会に。

 

ストイックなのも程々に

ミニマリストを目指して、断捨離して物を減らしてみたけれど、捨てて失敗したものも沢山あるよ!という話を紹介しました。

本来断捨離は自分にとって生活しやすい量まで物を減らすことだと思うので、とにかく少なくすることが目的になっては本末転倒ですよね。

生活する上であまりにも不便で自分にストレスがかかり過ぎない程度に物を減らすことが大事だと思います。

ストイックなのも程々にということですね。

一度減らしてやはり必要だと感じたら、気軽に物を増やしましょう。

必要なものがないのは、それはそれでストレスになるからです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA