秋 抜け毛の季節 原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

毎年9月〜11月は大量の抜け毛に悩まされます。

お風呂に入って髪の毛を洗えば、手にはごっそりと抜け毛。もちろん排水口は抜け毛で詰まるので毎日髪の毛を取り除きます。

洗面所の床や部屋のフローリングには抜け毛だらけ。

極め付けは布団についた抜け毛。まさに抜け毛の絨毯。

髪の毛は多い方ですが、このまま抜け続けたら禿げてしまうんじゃないか?と真剣に心配してしまうほどの抜け毛の量なのです。

なぜ、秋に髪の毛が抜けるのか?

ca4f3450cb4fa3756220d6e3a0dd6c80_s

毎年決まった時期に毛が抜けるなんて動物みたいですよね。私ってなんだか獣みたいだな、と思っていましたが、調べてみると半分正解でした。

1年の中でも秋に髪の毛が抜けやすい原因が2つあります。

①毛の生え変わり周期によるもの

②夏の疲れ、ストレス、紫外線のダメージによるもの

①の理由は人間が猿から進化したことを考えるとわかりやすいです。

人間も他の動物と同じように毛の生え変わりの周期に関する遺伝子が残っているそうです。その遺伝子が原因となって秋に毛が多く抜けるのです。

次に②の理由についてです。夏の紫外線の強さは本当に辛いですよね。頭は一番紫外線の影響を受けやすいです。外に出ると頭がとても暑くなって、ひどい時は頭皮が日焼けで赤くなることもあります。この夏のダメージによって毛がたくさん抜けてしまうのです。

日本人の頭髪量の平均は10万本。その中で50〜70本ほどは毎日毛が抜け、入れ替わっているそうです。その抜け毛が秋には200〜300本になるのだとか!4倍〜6倍の量の毛が抜ける、この数字には驚きです。

抜け毛のケア 外側、内側

297392

秋の抜け毛は通常よりも多少多いとはいえ、悩まなくてもいいということです。

とはいえ、②の理由の抜け毛であれば髪の毛や体が紫外線やストレスにより傷んでいるということになります。頭皮が傷んでしまい修復ができないと髪の毛がやせ細ってしまったり、最悪髪の毛が薄くなるなんて事態になりかねません。

きちんとケアをしてあげることが大事ですよね。ケアは内側と外側両方からが大事です。

内側からのケアは、良いものをたくさん食べて、良質な栄養素を取り入れることが大事です。髪の毛のためにはたんぱく質やミネラル、亜鉛などが含まれている食材を摂取することもオススメです。

外側としてはブラッシングやトリートメントなどがあります。ブラッシングは丁寧にやると髪の毛が綺麗になるのはもちろんですが、頭皮の血液の循環が良くなるように思います。

ブラシに汚れが付くことが気になる方は、ブラシにガーゼを巻きつけてブラッシングをすることをお勧めします。定期的にガーゼを取り替えればブラシを清潔に保つことができます。特に動物の毛などのブラシは水洗いしないので、ガーゼブラシはお勧めです。

また髪の毛は濡らした状態で放置しておくと痛みます。菌も繁殖しやすくなります。髪の毛を濡らしたら、よく髪の毛をタオルドライして、冷風のドライヤーで素早く乾かしてしまうことも大事です。

髪の毛を早く渇かさないと頭皮が痒くなったり、匂いがきつくなったりする場合もあるので注意が必要です。

髪の毛をケアするトリートメント

048458

夏の紫外線は髪もパサパサにします。そして毎日シャンプーをするとさらにパサつきが酷くなるのが私の髪の毛です。

基本的に湯シャンでシャンプーはあまり使わないのですが、シャンプーをたまに使うと次の日頭がかゆくなります。

そしてパラパラと乾燥したフケのようなものが出てくることもあります。

一方適度に湯シャンをして、しっとりした髪はかゆくもならないですし、フケも出てこないです。

ただ湯シャンに取り組み始めた頃は、家族から「あの時は髪の毛が臭かった」と言われたので、湯シャン始めは匂いで周りに迷惑をかけるかもしれません。

私は最近はシャンプーを1週間に1回くらいはしています。そのくらいが一番調子が良いような気がするからですね。これから冬になるので少しシャンプーの頻度を落とす予定です。

髪の毛と相談しながらシャンプーの量やトリートメントの量を調整することをお勧めします。

最近は髪の毛をケアするトリートメントにココナッツミルクを使っています。

作り方は簡単です。ココナッツミルクにほんの少しオイルを混ぜるだけです。ココナッツオイルでも、オリーブオイルでも良いです。ココナッツミルク缶1つに対して、オイルの量は小さじ1程度。オイルの種類によって減らしたり増やしたりもします。

一度にココナッツミルク1缶分作って冷凍キューブにして保管しています。興味のある方は作ってみてください。簡単で、しっとりするトリートメントです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA