イライラを抑える方法 バドミントン代表の話が素晴らしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

リオ五輪のバドミントンダブルスの決勝戦、LIVEで見ていました。

バドミントンでは初めての金メダル獲得という快挙!おめでとうございます。

高橋&松友ペア、素晴らしい試合でした。最後の逆転劇は、本当に感動してしまいました。

一流のダブルスは衝突しない

素晴らしい試合だったなぁ、と余韻に浸っていたところ、高橋&松友ペアのインタビュー記事を偶然見かけました。この記事を興味本位で読んでみたのですが、これが本当に素晴らしい内容だったので紹介したいと思います。

私は結構短気な性格ですぐにイライラしてしまうのですが、この記事を読んで、あ!一流の人はこう考えるんだ!と納得しました。

その記事がこちらです。

スクリーンショット 2016-08-23 19.02.03

(http://rio.yahoo.co.jp/column/detail/201608230001-spnaviより引用)

二人がなぜ衝突しないのか、という質問です。ダブルスで頂上を目指すのであれば、当然衝突は日常茶飯事なのかと思いきや、高橋&松友ペアは衝突しないらしいのです。

衝突に関する二人の答えが驚きです。松友さんの、パートナーに「どうしてうまくできないの?」と思う人は、自分がうまくなろうとしていない人、という言葉にグサッー!!ときました。

同じように高橋さんも、文句を言っている選手がもっとうまくなればいい話、と松友さんと似た回答をしています。

これ、どう感じましたか?私は、まさにこれが私には足りなかったことだ!と感じたのです。はい、文句ばかり言ってないで私が精進するようにいたします。。。

相手に期待するばかりで自分が変わろうとしないから、つい相手の言動にイライラとしてしまうんですね。深く反省しました。

すべては自分自身に問題があったということです。

一流のスポーツ選手のストイックさを見習いたい

92aa5f5d31c6ea852d27fc9e82fae441_s

オリンピックでメダルを取るような選手はやはりストイックです。そして結果を出しているから、その言葉に重みを感じます。メダルを取るという目標を掲げて、4年間かそれ以上の長い期間努力をしています。

高橋&松友ペアも、うまくいかない時は自分がもっとうまくなればいい、と考えて長い期間努力してきたから、こうして素晴らしい結果を手にしているんですね。

他の競技の選手を見ても、本当に血のにじむ努力をしていることがわかります。

シンクロの選手の「練習中は毎日意識が朦朧とする」

7人制ラグビーの選手の「死ぬこと以外はかすり傷」

こんな名言がたくさん溢れているリオ五輪でした。本当に素晴らしい努力ですよね。

素晴らしいとしか表現できない自分が歯がゆく感じるほどです。

イライラを抑える方法

1239f882f1011a5a1051629540963eaf_s

「心がイライラしたりもやもやしたりするのは、ゴールが明確でないからだ」という内容が先日読んだとある本に書いてありました。

ゴールが明確であれば、何か起こった時にイライラして立ち止まっている場合じゃないし、もやもやして行動に移せないなんてこともない、というのです。

今自分がゴールに近づいているのかいないのか。それだけに集中しているので、イライラせずに軌道修正にフォーカスできるそうなのです。

この本を読んだ時には理解できなかったのですが、リオ五輪を見ていて少し理解できた気がします。

例えばオリンピックで金メダルを取る!と目標を決めた場合、外野が何を言っても「これは私が金メダルを取るために必要なことなのか」と冷静に判断できると思います。

周りの人が自分の思うように動かなくても、「金メダルを取るために動いてもらえる他の人を探そう」という気になります。

目標が明確であればあるほど、イライラしている場合じゃない、イライラ、もやもやしている時間が勿体無いということですね。

イライラしている時、もやもやしている時は、もしかしたらゴール(目標)を見失っていることが最大の原因なのかもしれません。

自分が何をしたいのか、何を目標にしているのか。

スポーツでは目標が比較的わかりやすいです。試合に勝つ、大会で優勝する。これが目標になります。

しかし私たちの生活の中には目標を意識しにくいものもあります。子育てや対人関係なんかもそうですよね。仕事もサポートのような仕事であれば成果も見えにくいです。

しかし、それでもゴールを明確にすることで、結果に近づけるのであればやってみる価値がありそうです。

私の場合は毎日ブログを更新することを目標にしたいです。最近ブログを更新できたり更新できなかったり、生活のスケジュールが乱れているので見直さないといけないと思います。

次の東京オリンピックまでブログ更新を続けたらどうなるのかな?なんて漠然と考えることがあります。4年続けたら金メダル。欲しいですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA