やましたひでこ 心がスーッとする断捨離 感想 捨てられない 対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

やましたひでこ著「不思議なくらい心がスーッとする断捨離」を読みました。

私の中でこの本は、断捨離本の元祖のような位置付けです。

はるか昔、もう何年前か覚えていないくらい昔に読んだ記憶があるのですが、今回改めて読んでみました。

この本は捨てられない症候群にすぐに陥ってしまう私に新しい気づきを与えてくれました。

感想と本の中のおすすめポイントを紹介したいと思います。

まずは動画をご覧ください。

Youtubeで見る

それでも捨てられない捨てられない 捨てたいのに!

ミニマリストを目指し断捨離に取り組んでいるのに、未だに私は捨てられないモノが多いです。物を捨てる時はしょっちゅう悩みますし、捨てた方がいいモノも部屋の隅でチラホラ見つけてしまう。そして今日も見ないふり、という日々です。

これでもかなり片付いたのですが、100%快適とは言えない状況です。

先日銭湯のサウナでたまたまテレビを見ていた時に、勝間和代さんが番組に出演していました。勝間和代さんも断捨離に取り組んで部屋を綺麗にされていました。テレビを見ると物をたくさん処分されて、とても綺麗でスッキリした部屋に生まれ変わっていたのです。

番組の中で勝間和代さんが「捨てるのが楽しい。」とおっしゃっていたのが印象的でした。どうやら勝間和代さんは躊躇なく物を捨てられるタイプの方のようです。このモノを躊躇なく捨てられるタイプの方って一定数います。私のような捨てられない人から見たら羨ましい限りです。

しかしそこでふと冷静になりました。勝間和代さんと私の違いって何なのだろう、と考えたのです。そして、もう一度断捨離の本を読んで見ようかな、と思い手に取ったのが、元祖断捨離本とも言えるやましたひでこさんの本でした。

断捨離のベースにあるもの 自分基準

IMG_1429

そもそも断捨離のベースの考え方、目的としては、「自分が快適な環境を作ること」です。

パンツが5枚だから断捨離成功だとか、トイレットペーパーのストックはなくなってからしか買ってはいけないというものではないです。断捨離はこうなったら成功だとか断捨離はこうあるべきというルールはないのです。

「人と比べない」

これがとても大事だと思いました。人と比べなければ人を批判することも無くなります。その人にとって快適な生活環境を作る物の量は違うのです。もちろん家族の部屋からゴミが溢れていて廊下まではみ出していたら「自分の部屋の中だけにして!」と文句を言っても良いと思います。

人と比べてしまう、断捨離はこうあるべき、という考え方に私もとらわれていたようです。

断捨離の片づけとは、必要なモノをしぼり込むこと。
必要のないモノを住まいという空間から取り除くこと。
(心がスーッとする断捨離 P.22より引用)

必要かどうか、快適かどうかの基準は自分勝手でいいのです。

モノを主役にしない! 自分を主役にする

289763

「断」=いらないモノが入ってくるのを断つ
「捨」=家に溜まったガラクタを捨てる
「離」=モノに対する執着から離れ、ゆとりある”自在”の空間にいる
(心がスーッとする断捨離 P.46より引用)

私たちの多くは家にモノがありすぎるので、まずは「捨」から始め、「断」そして「離」と進んでいきます。

多くの人はまず最初の「捨」でつまづくのです。

そこで、本で学んだ快適に捨てるためのポイントを紹介します。

①主役は自分!モノを主役にしない、振り回されない!

「この洋服はもったいない」「この口紅はまだ使える」この言葉は一見モノを大事にしているように聞こえます。しかしこの言葉はモノを主役にしている言葉です。

「私がこの洋服を着たいのか」「私はこの口紅を使いたいのか」全て私を基準に判断すると不要なモノが判断できます。

モノを主役にする=モノに振り回され、モノによって自由を奪われている

主役をモノから自分に取り戻す。自分にわがままになって、自分を大事にしてください。

断捨離で認められている「居直り」

4728ab3241e3d9698e219247c66a44aa_s

②すべては実験。失敗はない。

捨てる作業をしている方であれば一度は思い当たる、捨てて失敗したもの。1つくらいは捨てなければよかったかな、というモノが頭に思い浮かびます。

しかしそれは失敗ではないのです。すべては実験と考えると気が楽になります。

私たち人間はその時々によって、快適なモノの量が変わります。10代の学生時代は教科書をたくさん持っています。20代はファッションに目覚めて洋服をたくさん持つかもしれません。30代になれば陶芸が好きになりお皿を集めるかもしれません。40代になったら旅行に夢中になり写真のデータをたくさん保管するかもしれません。常に変化していくのです。

減らしてみて快適でなければ、また増やすのもいいです。さらに減らしてみてもいいのです。波のように増やしたり、減らしたりを繰り返しながら、その時の自分にとっての最適な量を作ります。

「心がスーッとする断捨離」でも断捨離では「居直り」が認められていると書かれています。

断捨離は、さまざまな「居直り」を勧めています。
「そもそも、モノがあるから片づかない!」と自分も人も責めない
「自分が大切にするモノこそ、素晴らしい!」という気持ちに至る
「捨てて困ったら、そのときはそのときだ」と潔く決断すること
(心がスーッとする断捨離 P.142より引用)

失敗はないのだから、自分を主役にして不要なモノを捨ててみよう。減りすぎたら増やせばいい。そして自分が持っているものを大切にしよう。

そんな気持ちになりました。これでまた不用品を捨てられそうです。モノの断捨離の原点を見直せた本でした。

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA