生まれてきた意味とは? 使命ってあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人生の意味、生まれてきた意味を考えることがあります。

私たちは一人一人が使命を持って生まれてきています。こんなことを言うと、宗教かな?スピリチュアル系かな?と思われてしまいそうですが。。。

自分の人生には何か意味がある、と思いたい気持ちもあります。今回の人生でやる遂げる何か自分にしかできない使命がある、と思いたいのです。

まずは動画をご覧ください。

Youtubeで見る

実は一人一人が違うことの意味

4728ab3241e3d9698e219247c66a44aa_s

槇原敬之さんが作詞作曲され、SMAPが歌ったことで話題になった「世界に一つだけの花」という歌があります。

「もともと特別なオンリーワン」という歌詞で、その年は「オンリーワン」が流行りました。

身近なところで言えば、人よりもすごく感情が豊かで人の話を聞いて涙を流す人もいます。一方音に敏感であの人は声が良いだとか、ここは騒がしいだとか、音に関することに敏感な人もいます。

人の特徴を視覚でとらえるのが上手で、似顔絵を描くことが得意な知り合いもいます。色の使い方が上手でファッションセンスがある友達っていますよね。

私の場合は何が敏感かな?と考えてみたら、あまり何も思い浮かばなくて焦ってしまいました。あえて言うのであれば、匂いに敏感だと思います。

洋服を手に取るとその洋服の匂いで誰のものかわかります。お寿司屋さんに行くと、匂いで新鮮な魚かどうかがわかります。そして、トイレットペーパーについている芳香剤の匂いが苦手です。いつもクンクン匂いを嗅いでいて、人より少しだけ匂いに敏感かな、と思うのです。

これらは全て生まれ持った特徴です。海外の人が日本に来て電車に乗ると、皆が同じような洋服を着て、同じようなメイクをしていることに驚くそうです。

しかし、私たちはよ〜くみると一人一人が違います。顔の作りや背の高さだけでなく、物を感じる能力や考え方までありとあらゆるところが人とは違い、ユニークで個性的、オンリーワンの存在なのです。

幸せの考え方

オンリーワンの私たちは、皆と違うユニークな存在であるがゆえに、幸せの基準も違うのが当たり前です。

世間では、勉強をたくさんして良い大学に入り、良い企業に就職する。そして年収が1000万円になって、素敵な人と結婚して子供が2人できたら、それが「幸せ」と思われているように感じます。

これは学校教育やメディアに植え付けられたイメージによるものかもしれないですね。

実際は勉強よりも絵を描くことが上手な人は絵を描く才能を伸ばせばいいです。お金儲けの才能がある人はお金を儲けて社会に還元すればいいです。そして、年収100万円で幸せな生活だと思える人がいてもいいのです。

「ここからが成功、幸せ」という心の中の基準が、私たちの本音と一致しないと、人は不幸になります。心が病むと体も病気になることが多いです。

幸せになるためにはまずは自分の才能を知り、それを徹底的に伸ばすことが大事です。そして次に、周りの人の才能を知ります。自分と相手の才能は違うのですから、二つを組み合わせて融合させると、想像できないくらい素晴らしいことを実現することができます。

一緒に組む相手は、仕事のパートナーであれ、人生のパートナーであれ、友人であれ、自分とは正反対の位置にいる人と組むとお互いにないところを補えるので好ましいそうです。

人のタイプ あなたはどんなタイプですか?

d64ec3e86139b55d0244dc02fe5d1598_s

自分と正反対の人と組むとどうなるか?それは、摩擦が生まれます。基本的に人は自分と正反対の人と組みたいと思いません。

それは自分と正反対の人は、相手の考えていることが理解できない、一緒にいると居心地が悪いからです。

人のタイプには幾つか紹介します。

●自己中心タイプ
●自己犠牲タイプ

この2つのタイプは人口でいえば、半分ずついます。「え?自己犠牲タイプの人なんて周りにはいないよ?」という方は、自分が自己中心タイプなのだと思います。自己中心タイプは自己中心タイプで固まることが多く、自己犠牲タイプは自己犠牲タイプと一緒にいることが多いため、近くに違うタイプがいない、という現象が起こります。

自己中心的なタイプの人は、自己犠牲タイプの人の気持ちがわかりません。むしろ他人に尽くす人を見て、気持ち悪ささえ覚えることがあります。一方、自己犠牲タイプの人は自己中心的なタイプの人の気持ちがわかりません。どうして周りのことを考えられないのか不思議に思うのです。

人のタイプには様々な分け方が存在します。他の分け方も紹介します。

●肉体タイプ
●思考タイプ
●感情タイプ

この3つのタイプに分ける考え方もあります。何も考えずにまずは行動をしてしまう肉体タイプの人、何かあった時によくよく考える思考タイプ、すぐに感情移入をする感情タイプなどがあります。

肉体タイプの人は思考タイプの人を見て、どうして行動しないのか不思議に思います。思考タイプは肉体タイプの人を見て、どうしてもっとよく考えないのかと不思議に思うわけです。

自分のタイプがわかりません!

336229

人のタイプの説明をすると、「自分はこっちのような気もするし、あっちのような気もする。どちらが自分のタイプかわかりません!」という方がいます。

タイプは100%でなくてもいいのです。例えば、思考タイプが強くてその次に感情タイプが強い、という場合もあります。

○か×かという教育をされてきた私たちは、これが正解か不正解か0か100かという判断をすぐにしてしまいます。私もその癖が抜けず、人にタイプを聞かれるといつもどのタイプにも当てはまらず困っていました。困った挙句、「私はどのタイプにも当てはまらないし、人間じゃないのかもしれない」とトンチンカンなことまで考えていました。

自己中心タイプと自己犠牲タイプにしても同じです。100%自己中心タイプ、100%自己犠牲タイプという人は世の中にほとんどいません。また状況によって自己中心タイプの人が自己犠牲タイプになることがあります。

こんなことを説明すると、ロジックが通っていない!だとか論理矛盾がある!と言われてしまいそうです。

しかしそれでいいのです。

世の中は矛盾だらけです。一つのところに偏りすぎるのは良くないです。何事もバランスが大事です。陰と陽のバランスです。

たくさん仕事をして、たくさん休む。たくさん食べる日があって、全く食べない日もある。ウキウキしている日もあれば落ち込んでいる日もある。それが良いのです。

休みもせずにず〜と仕事をしている人、ひたすら食べ続けている人、どんな時でもウキウキしている人、はバランスが悪いです。実際に周りにそんな人がいたら違和感を持ちますよね?

そして人生には辛いこと、痛いことがたくさんあります。痛みを感じることが生きている証という考え方もあります。

しかし痛みは一歩間違うと苦しみに変わります。痛みを苦しみに変えないためにはどうしたらいいか、は改めて別の機会に紹介したいと思います。

先に知りたい!という方は、X-Powerの23話で話されているので、先に聞いてみてください。Part3で解説されています。→X-Powerの詳細を見てみる

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA