冷凍しょうがキューブの作り方 冷え性や喉の痛みに 料理にも使えて便利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

のどが痛いとき、風邪の時、そして料理にも使えて便利な生姜の冷凍キューブを紹介したいと思います。

私は常にこの生姜の冷凍キューブを冷凍庫にストックしています。

生姜好きな方に、是非おすすめです。

動画にもしていますので、よろしければご覧ください。

Youtubeにも同じ動画をアップしています⇒Youtube

 

 

どうして生姜の冷凍キューブを作っているのか

生姜が大好きです。大好きすぎて言葉では語れないほどです。

しかしスーパーに売っている生姜のチューブと生の生姜をすりおろしたものと、味が全く違いますよね。

私は生の生姜が大好きなので、生姜のチューブでは味が物足りないですし、スーパーにある生姜のチューブはいろいろなものが入っていて、良く分からないので心配です。

 

生姜の使い方やレシピをネットで検索していたときに、生姜を冷凍している方のサイトを見つけ、これは便利だな!と感動して、自分も作るようになりました。

今では冷凍庫に生姜のキューブを切らせることはほとんどないです。

そのくらい便利だしよく使うので常備しています。

 

本当は、毎回すりおろしたり、みじん切りにしたりすることがベストだと思うのですが、ついつい楽な方に行ってしまいます。

私のように面倒くさがりだけど、生姜は生の味を食べたい!という方にはかなりお勧めです。

 

一度作っておけば、鍋料理、煮物、野菜ジュース、生姜湯など幅広く使えます。私は煮込みうどんに入れて食べるのも好きです。

生姜の効果・効能

しょうが

生姜は血液を末端まで巡らす、血液促進効果があると言われています。

そのため、免疫力が上がったり、冷え性改善にも効果がある、と言われています。

古来の中国では、生姜は薬だったので、どれだけ昔から効果が信じられていたか、良く分かります。

 

生のまま使った場合と、熱を加えた場合、それぞれ効果がある、ということなので、生のまま冷ややっこの上にのせたり、鍋に入れて食べたり、冷やした状態、温めた状態、両方積極的にとることがおすすめ、ということです。

冷凍生姜キューブの作り方

冷凍生姜キューブの作り方は簡単です。

お時間がある方は、動画を見てください。

 

①生姜を良く洗う。

できれば皮ごと使いたいので、質がよい物を用意されることをお勧めします。

 

②生姜をミキサーに入れる

ミキサーの性能によっては、生姜をあらかじめ小さく切っておいた方が良いです。

我が家のミキサーは30年物なので、もちろん生姜を少し小さく切ってから投入します。

 

③水を少し入れてミキサーでペースト状にする

水を入れない方が良いとは思うのですが、水を少し入れないとミキサーが回らないです。

ミキサーが回る方は、水を入れなくてもいいと思います。

 

④製氷皿に移す。

100円ショップなどで好みの大きさの製氷皿を買ってきて、入れておくといいです。

こんな感じのものがたくさん売っています↓

製氷

製氷皿がない方は、ジップロックなどに入れて、板状に冷凍する方もいます。

使うときは板をパリっと割って使います。

 

⑤製氷皿を冷凍庫に入れて冷やせば完成

ショウガキューブ

このように生姜ペーストを詰めたら冷凍庫へ。

埃などが入らないように、ふたをするか、ラップをしてください。

上まで詰めない方が、凍った気に取り出しやすいです。

この写真は詰め過ぎの写真です。

生姜キューブの使い方

生姜キューブ=生姜のすりおろし

なので、使い道は沢山あります。

 

●鍋に入れる

●炒め物、煮物に入れる

●野菜ジュースに入れる

●生姜湯をつくる

などなど

私は野菜ジュースに良く入れるのと、煮込みうどんに入れます。

 

私の茶碗に生姜キューブを入れ、うどんをよそれば、すぐ溶けます。

うどんの量によっては、少しだけうどんがぬるくなるので、熱々を入れることをお勧めします。

 

生姜好きな方、是非作ってみてください。

スーパーで売っている生姜チューブとは全く違う味で、新鮮でピリッとした辛さが口の中に広がります。

それでいて一度作ればとっても楽です!

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA