白ニキビの治し方 一番効果があった方法は汗をかくこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

30代の私ですが、今でもニキビができます。

20歳を過ぎると、ニキビではなく吹き出物と言うんだよ、と以前友達に言われましたが、名前はともかく、顔にぷつりとニキビができます。

 

私の場合は身体にはニキビは出ないので、顔だけに良く出ます。

ただ、頭皮はたまに出ます。

どの部位に出るのかは、体質もあると思います。

ニキビができると、顔がまず綺麗に見えないですし、化粧ノリも悪くなります。

あまり人に会いたくなくなるし、自分に自信が無くなってしまいがちです。

万年悩んでいるニキビについて、今日は調べてみました。

ニキビって何?

ニキビとは正式には、「尋常性ざ瘡」という名前の病気だそうです。

ニキビ=病気

という認識はなかったので、知った時にはびっくりしてしまいました。

皮膚科医の方々に聞くと、どうやら病気だそうです。

 

実はニキビには段階があります。

白ニキビ・黒ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビ

 

白ニキビとは、白っぽくポツンと少し膨れ、また毛穴開いていない状態です。

私にできるのはほとんどが白ニキビです。

黒ニキビは、白ニキビが少し進んだ状態です。

毛穴が少し開き先っぽが空気に触れ、酸化されることで黒っぽく見える状態です。

 

白ニキビや黒ニキビは、ニキビの初期の状態です。

更に進むと赤ニキビになります。

まさに読んで字のごとし、ニキビが赤くなって、炎症を起こしているな、と見てわかる状態です。

毛穴の中で皮脂を栄養源にしてアクネ菌が増殖しているそうです。

この段階で、ニキビをつぶしてしまうと、色素沈着やクレーターなど、跡に残りやすいので注意が必要です。

赤ニキビから更に進むと、黄ニキビになります。

これは炎症が更にひどくなり、膿を持った状態です。

このレベルまで行くと、自力で治そうと思わず、皮膚科に行く人も多いのではないでしょうか。

更に、

色素沈着やクレーターが残る可能性がとても高いです。

 

 

ニキビは段階が上がる前に、予防することがとても大事ですね。

 

 

128714

では、どうしてニキビができるのか?について調べてみました。

ニキビができる原因がわかれば、予防がしやすいですよね。

 

ニキビの原因は唯一つ、

毛穴が詰まる事

なのです。

 

この、毛穴が詰まる事を引き起こす原因がさらにいくつかあるそうです。

■成長ホルモンの影響

■男性ホルモン

■ストレス

■黄体ホルモン

 

成長ホルモンの影響というと、つい10代後半の思春期のニキビを思い浮かべます。

ストレスは、身体のリズムやターンオーバー、そして免疫が低下すると言われているため、ニキビだけではなくあらゆる不調の原因になりますよね。

 

ニキビ予防のステップ

100303

ニキビ予防をするためには、原因である「毛穴の詰まり」を解消することが一番です。

毛穴が詰まる原因は、毛穴の排泄が上手く行ってない、ということです。

つまり、日常的に汗をかくのが一番簡単です。

 

例えば、室内競技のスポーツ選手、バレーボール選手などを思い浮かべてみてください。

ニキビが無くてきれいな肌をしている人が多いです。

 

学校がある10代の頃は、定期的に体育などでスポーツをしますが、社会人になると、肉体を使う労働の方や、運動が習慣化している方以外は、ほとんど運動をしません。

そして汗をかきません。

これが、ニキビの原因になることが多いです。

 

私もお風呂につからず、シャワーだけで済ましてしまうと顔の皮膚が少しずつ硬くなり、ニキビができやすくなります。

毎日浴槽につかる事、汗をかくことはとても大事なことなのです。

なかなか自分では行動に移せない場合は、人を誘って定期的にスポーツをする約束をしたり、岩盤浴に行ったり、一緒に温泉に行ったりするのもお勧めです。

 

私は一時期、サウナが大好きな妹と一緒に、毎週休みの日の午前中にスーパー銭湯に通っていました。

サウナ12分~15分、水風呂3分~5分、という組み合わせを、毎回5セットこなしていました。

見違えるほど、肌が綺麗になりましたよ。

 

サウナで横に座っている妹に、10cmくらいの至近距離から見つめられ、「本当に肌綺麗になったね」としみじみと言われた時は、声が上ずってしまうくらい嬉しかったです。

 

ニキビ解消には、汗をかくこと!お風呂、サウナ、お勧めです!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA