ヒューロム スロージューサー のレビューと注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

健康のため、野菜ジュースやフルーツジュースを飲むように心がけています。

野菜やフルーツから直接栄養素を取るためにはジューサーで成分だけ絞って飲むのがオススメです。

そして、その時に欠かせないのが、ヒューロムスロージューサーなのです。

ヒューロムスロージューサーの特徴は「低速」です。

人の手で絞るように「低速」で野菜やフルーツを絞ることで、熱などで栄養素が壊れてしまうことを防ぎます。

つまり「高速」のものに比べてより美味しく、より栄養満点のジュースができるということなのです。

ヒューロムスロージューサーを使った感想

みかんなどの柔らかいものから、ニンジンなどの固いものまで、ヒューロムスロージューサーで絞ることができます。

私が絞った野菜ジュースです。

野菜ジュース (2)

セロリやキュウリ、人参などが入っている健康に良いジュースです。

 

【ヒューロムの悪い点・気になった点】

悪いというかしょうがないかな、と思っている点はがいくつかあります。

●機械が重い。

これは、想像以上の重さです。持ってみると分かりますが、女性が簡単に持ち上げられない程度には重いです。

落としてしまったら大変なので、頻繁に配置換えなどはできません。

●洗うのが面倒

ジューサーを回すとスクリューに細かいカスが付くので、ブラシでこすって洗うのですが、結構手間です。

すべてのパーツを分解して、1つ1つ丁寧に洗う必要があります。

また、その時に出る野菜のカスが排水溝に詰まりやすいです。三角コーナーの上で洗うと良いです。

 

【ヒューロムの良い点】

○味が美味しい

○無駄なく絞れる

○耐久性も問題ない

この3つがヒューロムを使っていて良いと感じるポイントです。

 

値段は3万円〜4万円程度ですが、これが高いかどうかは、使う頻度によると思います。

毎日使うのであれば1日100円程度なので安いです。家族の分を含めて何度も回せば、どんどん1回あたりのコストが下がっていきます。

一方、1年に1回しか使わなければ高いですね。

どんな家電製品でも一緒です。

 

ヒューロムスロージューサーの注意点

使用時にも注意点があります。

それは、事前に素材を細く(細く)切ることです。

太めに切ると、上手くスクリューに落ちないことがあるので、細く切ります。

下の写真は私がジュースを作った時に切った野菜です。

きゅうりであれば縦に4分の1、ニンジンであれば6分の1程度に切った方が、スムーズに機会が回ります。

セロリは柔らかいので大きめでも大丈夫です。

DSCF7312

 

 

固い物であればあるほど、細く切った方が良いです。

意外と周りにくかったのがリンゴです。

リンゴも結構細く切ることをお勧めします。

私は縦に12〜16等分くらいにはして入れています。

みかんは適当で大丈夫です。

 

言ってみれば慣れの問題ですが、使う前に知っておくとストレスにならないかな、と思います。

やっぱりジューサーを回している途中に詰まり、機械がガタッと止まるとイラッとしますしね。

(私だけかもしれませんが・・・)

ヒューロムスロージューサーは日常使いにはオススメのジューサーです。

何よりも果物を使ったジュースの味が、市販のジュースとは全然違うので1度飲んでもらいたいです。

あまりの美味しさに「お・・・美味しい・・・」と言葉がポロっと出てしまいます。

これは本当ですよ。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA