毎年流行るインフルエンザとイナビルについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

毎年冬になると流行るのがインフルエンザですね。

昨年2015年、丁度1年くらい前のお正月にインフルエンザ(?)になりました。

 

その日は1月3日でした。普通の病院は空いていないので、休日診療の病院へと向かいました。

休日診療の病院の緊急外来はかなり込み合っていて午前中で受付終了です。

午前9時半に病院に着きましたが、診察が終わったのは午後1時過ぎでした。

ほとんどの時間を待合室で待って過ごしたのです。

なんだか病人に囲まれて(私も病人ですが)病院に長時間いると、更に具合が悪くなりそうな気になってしまいます。

周りにはインフルエンザかな?と思われる老若男女がたくさんいました。

今日はインフルエンザとその薬として有名なイナビルについて私の体験談を紹介したいと思います。

インフルエンザかどうかって意外と曖昧

その時の私の症状は熱と寒気と関節痛でした。

前の日から体調はだるく、当日の朝に熱を測ったところ39度を超えていました。

 

病院の先生に症状を告げると、尿検査を受けることになりました。

尿検査、インフルエンザ検査、そして背中を叩かれたりなどの検査を受けます。

病院の検査で背中を叩かれたのは初めてでびっくりした記憶もあります。

 

全ての検査を終えた私に、お医者様が言った言葉がこちらです。

先生「インフルエンザの疑いが高いです」

私「インフルエンザ、ということですか?」

先生「検査では陰性でした」

 

え?どういうこと?と思いました。

107255

検査は陰性。

しかもインフルエンザの検査は保険適用の場合1週間に1度しか受けられないんです。

結局インフルエンザなのかどうなのかわからないけど、先生はインフルエンザ用の薬「イナビル」を処方してくれました。

インフルエンザ検査が陰性でもイナビル出してもらえるんですね…笑

イナビルを吸ってみました

イナビルを吸ったのは病院を出てすぐ近くにある院外薬局です。

院外薬局で薬剤師さんに薬を出され、「今この場で吸い込んでください」と告げられたのです。

吸い込む薬は初めてです。

体験してみると、

すー……。(粉、入ってる?)

想像以上に簡単でした。

特にむせるようなこともありません。

本当に身体の中に入っているのかよくわからないくらいの軽さでした。

しかし私の前の患者さんはむせていたので、人それぞれかもしれません。

 

その後一日で熱は下がりましたが、結局インフルエンザだったのかはわからず、そしてイナビルが効いたのかもわかりませんでした。

インフルエンザってそもそも何?

343595

 

インフルエンザはインフルエンザウィルスによって起こる病気です。

潜伏期間が1~3日あり、飛沫感染によってかかります。

家族で一人が感染すると家族がほぼ全滅という話もよく聞きます。

これは飛沫感染(唾など)が理由ですね。

 

症状は熱、寒気、咳や下痢などがあり、重篤な場合には亡くなるケースもあります。

 

実際に私が中学1年生の頃、一つ年上で近所に住んでいた同じ中学校の女子生徒がインフルエンザで亡くなりました。

40度以上の高熱が3日続き、一度意識が戻ったものの、そのまま亡くなっています。

その時、赤ちゃんや年寄りではないからと言って侮ってはいけない病気だと深く記憶に残りました。

ワクチンは効くのか

311607

インフルエンザにはA型、B型、C型があるようで、特に私たちが良く耳にするのがA型、B型です。

最近はこのA型やB型に対して無料で予防接種を提供する職場や学校も増えています。

 

無料にも関わらず、予防接種を受ける割合をみると半分くらいと言ったところでしょうか。

私の感覚としては50%くらいですね。

100%にならない一番の理由は予防接種を受けても、型が違うと効果がないと世間で認識されていることだと感じます。

そして一定数いるのがワクチン嫌いですね。ワクチンももちろんメリットとデメリットがありますから拒否する人がいて当然だと思います。

 

毎年のように新型のインフルエンザがニュースになるように思います。

インフルエンザのウィルスもどんどん進化しているとしたら、すごく恐ろしいと感じます。

インフルエンザの予防法

実は私も2015年のインフルエンザ疑惑以外にインフルエンザにかかったことはありません。

特に最近は自分の健康について意識しているので、病気はほとんどしなくなりました。

普段から自分の免疫を上げておくという基本的なことが、地味ですが一番効果があるんだな、と日々実感しています。

 

○○健康法!などと違い毎日の地味な健康法は(特に目新しくない基本的な健康法は)ニュースなどで話題になりにくいです。

しかし地味な健康法を続けることが結果として一番効果が高いと感じます。

インフルエンザに限らずどんな病気でも予防策として一番は、自分の免疫力の強化です。

太陽の光を毎日浴びたり、定期的に運動をしたり、栄養価が高い食物を摂取したり、よく寝ることも大事ですね。

それ以外にも効果として感じるのが、腸内洗浄です。個人的にはかなりオススメです。

 

そして私が免疫力を強化するために行っている隠し玉がX-Powerという健康法です。

手法は地味ですが、今一番効果があるように感じています。

X-Powerを見てみる

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA