アレン・カー「禁酒セラピー」 レビューと感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大のお酒好きの私でしたが、お酒を飲むと

・感情の起伏が激しくなる

・良く泣く

・ストレスがあると、人に絡む

典型的な酒癖が悪いタイプです。

周りは、かなりうざかったと思うのです。

こういうときって、自分ではもう制御できないのです。

そして、次の日一日落ち込む、という最悪パターンを繰り返してました。

 

もちろん、いつか断酒、禁酒がしてみたい!と思っていましたが、

お酒おいしいよね!

ビール最高!

ワインも大好きだし、中華には紹興酒の熱燗、

お酒を飲むことが癖になっている人って、飲むのってやめられないんですよね。

 

先日読んだ新聞の記事に、成人の約40%が1週間に1度もお酒を飲まない、と書いてありました。

我が家の飲酒率は100%。家族は大好きだけど、環境もちょっと問題だな、と思いました。

 

203686

「ダイエット」と検索すると、かならず出てくるのが、「食事制限しているときにはお酒はひかえましょう」という言葉です。

痩せるためにも、

健康のためにも、

酒癖のためにも、

お酒は飲まない方が良いのです。

頭ではわかってるんですけどね。

 

買ってみた「禁酒セラピー」

DSCF7261

 

「この本を読むだけで禁酒できる」

という言葉にビビッときました。

「なんてすばらしい言葉なの!」と感動しながらも、「ほんとかな~??あやしい」疑い半分で買ってみました。

アレン・カー「禁酒セラピー」という有名な本です。

 

「禁酒セラピー」を読んでみて

255574

実は、「禁酒セラピー」を読んで、現在断酒中です。

12月の2週目くらいからお酒を断っているので、あと少しで2か月経過します。

お正月の元旦のごあいさつで、お酒に口は付けましたが、飲んではいません。

完全にお酒を断っています。

(ラムレーズンのアイスは多めに見てください・・・)

 

「禁酒セラピー」のレビュー

実はこの本を読み終わった後、禁酒しようとは思ったのですが、ここまで続くとは思っていなかったです。

ただ、この本で衝撃を受けたことがあります。

 

「お酒は合法的な薬物」

「お酒を飲みたい!と思わせているのは、お酒」

「私たちは自分がお酒をコントロールしているつもりで、お酒にコントロールされている」

という言葉です。

 

そして、この本の中では、私たちの社会では

●大人になったらお酒は飲むもの

●お酒はストレス解消になる

●お酒を飲むと楽しい

と、いつの間にかイメージとして埋め込まれている、ということでした。

確かに、お酒のCMで出てくるのは、ほろ酔いのきれいな女優さんばかりです。

仕事のあとに、ビールを飲んで、くーーーーーーっっ!と素敵な顔をする俳優さんもよく見ます。

 

新聞紙が舞う路地裏で、薄汚いアルコール依存症のホームレスがちびちびとカップ酒を飲む、というCMは見たことないです。

そっちを見せてくれれば、お酒って嫌だな、と思えたと思うんですよね。

 

私たちは蜜を求めているうちに戻れなくなっている


125012
…………………………………………………..

私たちは食虫植物の蜜に誘われた虫。

最初は少し蜜を舐めるつもりで、食虫植物にとまる。

知らず知らずに少し中に入る。

 

食虫植物の中は、入ってすぐは短い傾斜。

中に行けば行くほど、垂直になるような形状で

ツルン、と私たちは中に入る。

 

中に入ると蜜はたくさん、おいしいな。

いつでも飛んで出ていけば大丈夫だよね。

 

でも、気づいたら自分の羽は蜜だらけ。

もう飛ぶことはできない。

 

周りを見渡すと他の虫が絶命して溶けかけている。

その時にはもう手遅れなんだ。

………………………………………….

 

この話、怖かったです。

本に描かれていて、自分がこの虫なんだって思ったんです。

 

読んでみること、お勧めします

禁酒セラピー」は読みやすい本です。

最初は私も半信半疑でしたが、データに基づいた話も多く、納得感があります。

実際にお酒をやめた方も多いとAmazonレビューに書いてあるのも頷けます。

ちょっと、お酒の量が気になる方、実はお酒に自分が操られていたなんて、けしからん!という方にもおすすめ。

私は自分が誰かに命令されるのが好きではないので、今まで禁酒が続いているのではないか、と思います。

また、別の機会に、禁酒の経過について書けたらいいな、と思います。

まだ1か月少しなので、できれば1年くらいは禁酒してみたい、と思ってます。

さらに健康な体へになりたい方はこちらをクリック⇒X-Power

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA