ミニマリスト化を目指している私から見たミニマリストのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日は、「ミニマリストのメリット」について紹介したいと思います。

私は完全なミニマリストにはまだ遠いのですが、ミニマリストのなりかけです。

ミニマリストに憧れている、元汚部屋の住人でもあります。

 

そんな私がミニマリストを目指す中で感じている、ミニマリストのメリットをお伝えします。

ミニマリストのメリットは、

・気持ちよく生活できる

・物欲がなくなる

・物を大事にする

・頭がすっきりする

この4つです。

 

最近「ミニマリスト」「持たない生活」という言葉を良く聞きます。

10年以上前の私は、いわゆる物が片付けられない人でした。

家の中は物であふれかえっていました。

何かないものがあれば、安いし、いいか~と思って、すぐに買っていました。

ところが2年前に断捨離という考え方を知りました。

断捨離に関する本を読んだのがきっかけです。

断捨離をきっかけに、部屋を掃除し、物を減らし始めました。

その結果はもちろん、部屋が綺麗になりました。

それだけではないのです。

物欲が減りました。

物を大事に使うようになりました。

 

買うものの質は上がったと思いますが、買う回数は減りました。

持っている物の数も減りました。

この経験から感じたことは、

物を捨てるのって大変!

ということです。

私の場合は、肉体的にというより精神的な負荷が大きかったです。

 

ものを捨てるときは、かなりストレスがあります。

まだ使えるものを捨てる罪悪感。

まだ使えるから、と捨てられない物を持ち続けている、もやもや感。

大きい物を捨てるときは費用もかかります。

私の家は、ゴミの回収日も決まっています。

いつでも捨てられるわけでもないので、捨てる手間もかかります。

 

捨てることが負担になり始めてから、新しいものを買うときに、

これは長く使うだろうか?

これは捨てるのが大変ではないだろうか?

100円などの安い物でも、かなり真剣に考えるようになりました。

特に私の中では、使える物を捨てるときの罪悪感がかなり強かったです。

使えるものを捨てる罪悪感をもう味わいたくない!

そういう気持ちがどんどん強くなりました。

 

私は徐々にミニマリスト化しています。

どんどん捨てましたし、人に欲しいと言われた物で、自分が使わない物はどんどんあげました。

物が少なくなると、慣れていない内は、寂しくなります。

自分の存在が、生きている証みたいなものが薄らいでくるような錯覚に陥ります。

それに慣れると、頭や気持ちがすっきりしてきます。

そして、不思議と物欲が減ります。

かなり減ります。

自分でも驚いています。

また、部屋が綺麗なので、仕事もはかどりますし、やる気もでてきます。

ものを大切にして、きちんと使い切るので、使い切った物を捨てるときは罪悪感はありません。

 

ミニマリストは人によって合う合わないはあると思うのですが、一度経験してみることをお勧めします。

 

ミニマリストのメリット

・気持ちよく生活できる

・物欲がなくなる

・物を大事にする

・頭がすっきりする

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA